スポンサーリンク

野菜不足を解消する簡単な方法|スープを作って工夫する

中性脂肪値を下げるために必要なことの一つが食生活を見直すこと。
中でも野菜不足を解消する簡単な方法はないかと探してみました。

夏はちょっと辛いですが、味のバリエーションも豊富で
調理も難しくないスープを作って野菜を積極的に摂りましょう。

お腹が空いた状態で食事をすると空腹のストレスから
早く開放されたくてついつい早食いになりがちです。
しかし熱いスープを先に食べておけばお腹が膨れて
食事のペースが落ち着きます。

スープを飲むことで野菜不足解消と早食い防止と
一石二鳥の効果が期待できます。
中性脂肪を落とすには、食べ過ぎにも注意したいので
スープを有効活用しましょう。

さて次にスープの作り方ですが、
簡単じゃないと面倒くさくなり食べるのをやめてしまいます。
手始めは市販品の調味料やレトルトに
頼るのも良いでしょう。

そして味付けがワンパターンだと飽きてしまいます。
「コンソメの素」、「中華味の素」「鳥ガラスープの素」など
スーパーやコンビニで手に入るものを利用すると楽ちんです。

そして余裕が出たら自分なりにプラスアルファ付け加えると
更に好みの味に近づいてきます。

例えば中華スープにはたっぷりの青ねぎ、生姜などの薬味、
入れすぎない程度にお酢、ラー油を足して味を調節してみましょう。

コンソメ味には、ベーコンやきのこたっぷり入れて

ダシが出るようにします。
ホールトマトを入れても美味です。
キャベツ、玉ねぎ、にんじんなど
冷蔵庫で余っている野菜をどんどん入れちゃいましょう。

エスニック味が大丈夫なら「トムヤムペースト」を使うと
簡単にトムヤンクンが作れます。
スープだけではなく、冷奴や焼きそば、うどん、チャーハンに使うと
普段とはひと味違うので、買っても損しない調味料です。

和食の味噌汁も、スープのひとつです。
じゃがいも、キャベツ、玉ねぎ等
具だくさんにすれば立派なおかずの一品です。

中性脂肪を落とすために野菜をたくさん食べることが
可能な代表選手は他に鍋料理があります。

一番簡単なのは、ストレートタイプの寄せ鍋つゆです。
鶏、鰹、ホタテ、こんぶ等の合わせだしで具材を選びません。
一人分だとラーメン用のタレも使えます。
醤油味、豚骨、味噌、坦々麺用など種類も豊富で飽きません。

自分で作るならばウェイパーを購入しても良いでしょう。
水に適量溶かし、酒・しょうが・にんにく等お好みで入れてから
味噌や醤油で風味付けするだけです。
無調整豆乳を加えても美味しく頂けます。

この前テレビで「きのこ肉山鍋」とか「パンプキンパスタ鍋」など
面白そうな鍋の作り方を紹介していました。
家族や友人など一緒に食事ができる
休日の夜などには目先を変えて鍋パーティーも良いですね。

料理をするのが楽しくなったら、圧力鍋をゲットするのも

良いかもしれません。
時間がかかると思っていた献立が簡単におどろくほど美味しくできます。

後、中性脂肪を落とすための調理に活用したいのがきのこ類です。
一番の特徴が食物繊維が豊富でしかもローカロリー。
たくさん食べたとしてもたかが知れています。

冷凍し解凍しても美味しさが変わらない食材のため
作り置きにも適しています。

できればきのこを何種類かミックスさせると
旨味が増すのでおすすめです。

新聞広告で美味しそうだと思ったレシピが
「焼ききのこのだし漬け」
焼いてから漬けるので風味がアップします。
おかずはもちろん、うどんやそばにのせても使えるので

常備材におすすめです。

材料(4人前)
しいたけ6個、しめじ1パック、えのき茸1パック
A:つけ汁(だし汁1/2カップ、みりん小さじ1、醤油小さじ4)

だし汁は粉末調味料がお手軽ですが、時間がある時は
自分で作ったほうが美味しいです。

水 … 1リットル
昆布 … 10g(水に対して1%)
かつお節(薄削り) … 10g(水に対して1%)
「ざる+キッチンペーパー」を使うと便利です。

【作り方】
下準備:しいたけは軸をとり、しめじは石づきを外しざく切り。
えのきは根元を切って三等分にする

1.しいたけ、しめじ、えのきを魚焼きグリルで火加減を見ながら
8分ぐらいを目安に焼く

2.Aを耐熱容器に入れ、ラップをかけずレンジ600Wで1分加熱。

3.焼き上がった1を取り出し、しいたけとしめじは

一口サイズに小分けし、
熱いうちに2の中に入れて30分以上漬け込んで出来上がり。

冷蔵庫で3日ぐらい、冷凍庫で2週間位保存が効きます。

遅くなって夕食の準備が大変なとき、自分だけの食事。
一から作るのは面倒なので野菜の作りおきおかずは作っておいて
損はしません。

中性脂肪を落とすためにも、家族全員の健康を考えた上でも
野菜を積極的に食べるようにしましょう。

まとめ

野菜不足を解消する簡単方法には、スープ、味噌汁、鍋など
生野菜よりも温野菜として食事をした方が

量を多く食べることが出来ます。

味つけもワンパターンにならないよう、時にはキムチ、柚子胡椒、
豆板醤などを使うと、パンチが効いた味になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする